更新は不定期ですが、前日には一応チェックしてください。

2008年10月09日

■紙の規格

紙の規格は縦と横の比率が常に同じになるように1:√2(1.4)の比率で作られています。

【仕上げ寸法】
JIS規格で決められており、A系列は国際規格と同様、B系列は日本独自の規格です。
A0=1.0平方m=841*1,189mm
B0=1.5平方m=1,030*1,456mm

【原紙寸法】
紙は、印刷・製本時の余白のために仕上げ寸法より大きなサイズで作られます。

A列本判 625*880mm → A1判 594*841mm
菊判 636*939mm → A1判 594*841mm
B列本判 765*1,085mm → B1判 728*1,030mm
四六全判 788*1,091mm → B1判 728*1,030mm

posted by okusa at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紙の基礎知識

■紙の目:Y目・T目

【紙の表・裏】
洋紙では、なめらかな方が表、抄紙機の跡が付いた方が裏です。和紙ではこの逆になります。

【紙の目】

パルプは抄紙機の上を流れてロール状の紙に形成されます。この流れが紙の目です。
ロール紙をカットする向きによって縦目(T目)の紙と横目(Y目)の紙が出来ます。
  • 縦目(T目):紙の目が長辺と平行に流れている紙
  • 横目(Y目):紙の目が短辺と平行に流れている紙
紙のサイズは横*縦で表示されるので、小さい数字*大きい数字の順ならT目の紙、大きい数字*小さい数字の順ならY目の紙になります。

目の方向によって、折ったり・曲げたり・破いたりしやすいかどうかが左右されます。
本やパンフレットを作る際には、本の上下方向と目の流れを揃えます。
長辺を綴じる場合には、判型が奇数の場合にはT目、偶数の場合にはY目の紙を使います。
posted by okusa at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紙の基礎知識

■紙の単位

【坪量】
紙1平方メートルあたりの重さ(g)

【連量】 連:1,000枚(板紙の場合は100枚)
紙1,000枚あたりの重さ(kg) 

【紙の取引】
紙は1連(1,000枚)単位で取引されます。
紙の値段は1kgあたりのキロ単価で表され、(連量)*(キロ単価)*(連数)で計算します。

【紙の厚み】
紙の厚みは種類によって異なります。書籍などを作る場合には、必要なページ数を実際に製本した束見本を作成し、背表紙の厚さを確認してデザインします。
16枚重ねた状態での厚みを表示してある紙見本帳もあります。
posted by okusa at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紙の基礎知識

■紙の種類

【非塗工紙】 アンコーティッド・ペーパー
表面に顔料が塗られていない紙
  • 上質紙:ケミカルパルプ100%
  • 中質紙:ケミカルパルプ70%以上
  • ザラ紙:ケミカルパルプ40%未満

【塗工紙】 コーティッド・ペーパー
顔料でコーティングし、圧力をかけてツヤを出した紙
  • アート紙:上質紙・中質紙をベースに1平方mあたり20g程度のコーティング
  • コート紙:アート紙の半分くらいのコーティング
  • 軽量コート紙:コート紙の半分くらいのコーティング
  • 微塗工紙:軽量コート紙よりも更に少ないコーティング
  • キャストコート:アート紙よりも強い光沢をつけた紙
posted by okusa at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紙の基礎知識

■紙についてもっと詳しく知るには

製紙会社のHPには、紙の歴史や製造工程などについて、詳しく紹介されているページがあります。
個々の紙についての特徴や適性について知りたいときに確認してみましょう。

  • 王子製紙 Designer's Paper Forum 紙の基礎知識
http://www.ojigroup.net/designers/knowledge/index.html

紙を作るフロー

http://www.ojipaper.co.jp/envi/flow/index.html

  • 日本製紙 紙の豆知識
http://www.np-g.com/npi_mame/index.html
  • 竹尾 紙を知る
http://www.takeo.co.jp/web/paper/basics/size.html
posted by okusa at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 紙の基礎知識